プロミス審査

 

プロミス審査の基準は?

プロミス審査はいったいどんな人が受かりどんな人が落ちるのか、気になりませんか?
実は消費者金融によって何に重点を置いているのかという多少の違いがあります。

 

まずはプロミスの申し込み条件を見てみましょう。
・年齢20歳から69歳
・安定した収入
これらの基本的な条件のほかにも必須事項はあります。
・明確な居住地
・身分証明書

 

主婦でも学生でも、アルバイトなどによる収入があるのであれば、申し込みは可能です。
申し込みは可能、というのはあいまいな表現になりますが他社からの借り入れがなく事故情報もないのであれば審査に通過することができるでしょう。
勤務形態はそれほど問われないものです。
年収が100万円のアルバイトでも、毎月収入を得ているのであればそれは安定した収入となります。
反対に年収が500万円でも毎月の収入ではなく突発的な給料が時折入るというのであればそれは安定しているとは言われません。
年収の高い低いが問題なのではなく毎月一定した給料があること、これが安定した給料ということになります。
安定した給料がなぜ求められるのかと言えば、毎月の返済を確実にするためです。
貸した分は返してもらわなくてはなりませんね、もちろんプロミスも返済してもらうことを前提として貸し出すことができるかどうかを判断する、それがプロミス審査になります。

 

審査に通過しなければ借り入れもできません。
そのため最初の難関として考えておかなくてはならないところになります。

借りやすい消費者金融の選び方

借りやすい消費者金融の選び方をいくつかご紹介しておきましょう。借りやすい消費者金融とは、お金をたくさん借り入れできるということではなく、申し込みやその後の借り入れなどが使いやすく便利ということがいえるでしょう。

 

借りやすい消費者金融の選び方としては、申し込みにいろいろな方法があるところを選ぶのがおすすめです。今では店舗での申し込みはどんどん減ってきており、インターネットや無人契約機での申し込みが増加しています。もちろん電話や郵送といった方法も変わらず申し込み方法として人気があります。

 

たくさんある中でも、少しずつ違いがあって、たとえばモビットなら条件が揃えば在籍確認の電話なしで契約できる申し込み方法もあります。消費者金融の申し込みから審査までは軒並みスピーディーですから、このようにちょっとした違いをポイントに選ぶのがよいでしょう。他にも申し込み時に必要書類が少なくてもすむところを探すというのもよいですよね。

 

借り入れのときもさまざまな方法があるのはほとんどの消費者金融でそうなのですが、人気の高まっている振込キャッシングを利用するときには、自分の口座がある銀行にどれぐらいのインターバルで振込されるのかということをチェックしておくのもよいでしょう。銀行によっては24時間すぐに振込を受けることができるところもあれば、何時以降なら翌営業日となってしまうといったところもあります。消費者金融と銀行の組み合わせを少しチェックしておくと、スムーズな借り入れができるでしょう。

年収によってプロミスの利用限度額は変わる

総量規制という貸金業の法律があります。
主には年収の3分の1までが借り入れの上限としているものになりますが、ここを少し掘り下げて考えてみましょう。

 

年収の3分の1が借り入れの上限になるということは、プロミスの最大限度額である300万円を借り入れるためには単純計算として3倍すると900万円の年収が無くてはならないということになります。
そう考えると一般的な年収ではありませんね。
弁護士や医師などでもエリートの部類に入る年収になります。

 

一般的な給与をもらっているのであれば借入限度額は300万円など達することはないでしょう。
年収が300万円であれば借入限度額は最大でも100万円となるということです。

 

さて、プロミスに申し込みを行い即座に自分の最大限度額が融資されるかと言えばそれは難しいところ。
通常ははじめての借り入れでは最大50万円となっています。
収入証明不要で借入ができる金額であり、年収から見ても返済がそれほど困難となる金額ではないというのが理由になるでしょう。
また初めての借り入れの時には年収や他社からの借り入れ状況など客観的な事実しか審査を行うことができません。
簡単に言えば「あなたがどのような人かわからない」ということ。

 

年収がどのくらいあるのかということはわかっても、確実に返済する「気持ち」のある人なのかどうかは付き合いをしてみなければわからないということです。
そのため総量規制による最大限度額にむかうためには返済をするという実績を積みながら増額をしていくしかありません。